narilab

blog @ shunichi narisawa

Yahoo!Japanとオーバーチュア、「インタレストマッチTM」を今秋より提供

   

Yahoo! JAPANとオーバーチュア、「世界初」の新たな広告サービス 興味関心連動型広告 「インタレストマッチTM」を今秋より提供

「インタレストマッチ」とは、サイトを閲覧するインターネットユーザー(以下、ユーザー)が閲覧中のページ内容、あるいはユーザーの興味・関心と、広告主からの出稿内容が合致する場合に広告を表示するサービスです。今回の「インタレストマッチ」はYahoo! JAPAN とブレイナーの技術、そしてオーバーチュアの営業・運用ノウハウを結集した「日本発」の新サービスです。開始時はPC向けに展開し、約1ヵ月後にモバイルに対応する予定です。




ついにと言うか、やっとと言うかオーバーチュア(Yahoo!)から

行動ターゲティング広告がリリースされるようです。



今のところ、日本ではマイクロアドが積極的にリターゲティングも

含め、行動ターゲティングを推し進めていますが

Yahoo!とオーバーチュア(あえてこの書き方)が本気だすと

より精度が高いものが出来そうです。



というのも、現状どうしても広告主の数から言えば

オーバーチュア>マイクロアド

の図式が成り立っています。



やはり、このようなコンテンツマッチ系の広告の精度は

技術もさることながら、全体の広告主の数(広告の数)が

非常に重要になるので、広告主側からすると

今、出稿しているマイクロアドよりもオーバーチュアの惹かれます。



また、Yahoo!がオーバーチュアを子会社化したことで

もともとブレイナーが展開していた、アドパートナー枠にも

展開がされるとの事なので、個人のブログにも表示されるでしょう。





ちなみに、どのようにして判別しているかというと

「インタレストマッチ」では、

(1)ユーザーが閲覧中のサイトの内容、

(2)ユーザーの過去の閲覧履歴と合わせて、

(3)都道府県など配信地域や性別・年代の絞込み、

(4)配信スケジュールの時間毎の指定、

など複数の要素を加味して配信を行います


とのことです。



一方、以前も書きましたが、Googleは直近、2~3回の検索クエリで判断し

アドワーズ広告を表示しているようです。



つまり、Yahoo!・マイクロアドはユーザーを中、長期的に

行動をターゲティングし、Googleは今その場の行動をターゲティング

していることになります。



現状では、どちらが良いとの判断は出来ませんが

広告主側としては、出稿する際に意識をしなくては

ならなくなりそうです。

「インタレストマッチ」のキーワードで
Yahoo!がアドワーズ広告出稿してるのは笑ったww

 - Diary

  関連記事

Amazonの梱包がすっきりした
日数経過を可視化するiphoneアプリ「moments」
no image
特急SEO
no image
美味しんぼ102巻
no image
iphoneアプリをリリースしました。
no image
密告
no image
下期の目標
no image
やってもうた~
Gmailでテーマが選べるようになった
no image
サヨナラ