narilab

blog @ shunichi narisawa

地震で品川から中野富士見町まで歩いたこと。

   

だいぶ時間が経ったけど滅多にしない経験だったし、東京が震災に直撃したら
絶対に歩いて帰んないと行けないので備忘として残しておこうかと。


地図上では約11kmちょい。
とは言え直線距離に近い&初めての道なので実質は
多分15kmくらいになったかと予想。
時間にして約3時間半。

そこで、気づいたことをつらつらと。


・水は持ってたほうがいい。
一応、何があるかわかんないと思い、
会社を出るときには一応500mlのペットボトルは持っていった。
かなり寒かったので水も飲まないかなとも思ったけど
歩き続けてたら意外と汗かいたりして、ちょくちょく飲んだのであって助かった。


・多少回り道でも大通りの方がよいかも。
ショートカットしようとして住宅街っぽいところを突っ切ったら
思いっきり小道に入り込んでかなりの時間をロス。

且つ、街灯も少ないし人もまばらになるので多少回り道でも大通りを進んだ方がよさげ。
人が多すぎて歩きづらいってのもあるけど、逆に言うと緊急時はちょっとした安心感があるのも事実。


・携帯で地図を見るときは立ち止まって見る。
正直、今回iPhoneとGoogleMapがなかったら家に辿り着けなかったと思う。
で、かなり頼りっぱなしだったんだけどやはりそんな人は自分だけではないようで。
みんな歩きながら見てるから結構ぶつかるんですよね。夜で暗いし。
見ながらナビとして使うことが出来るから、かなり見っぱなしになるんだけど
一旦、止まってから道をある程度把握して進んだ方が効率が良いかもと思った。


・情報だけに流されすぎない
渋谷に着いた時に、Twitterの情報で銀座線が復活したっていう情報が流れたので
経路変えて、渋谷→青山一丁目→中野坂上と乗り継いで帰ろうかと思ったんだけど
(大江戸線は既に復活してたので)実際に渋谷の銀座線の方に行ってみるととんでもない人の数。
情報だけを見ていると判断誤るなと。
ある程度は自分で見て感じて判断する必要があると思った。


まあそんなこんなでかなりの疲労がありましたが、1回は職場から家まで歩いてみるといいと思います。

 - Diary

  関連記事

no image
マーケティングミックスの5つ目とは??
no image
【書評】次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
傘立てを買ってみた
no image
googleのプロモーション
no image
結果
2014ブラジルワールドカップ観戦記5〜ナタール→サンパウロ→カタール→成田〜
no image
ソーシャルグラフと実名と
no image
iphoneアプリをリリースしました。
魚がし福ちゃん@渋谷
no image
親知らずを抜いた