narilab

blog @ shunichi narisawa

歌が下手な人がカラオケで歌をうまい風に歌う4つの方法

   

タイトルは釣りくさいですが、なんとなく年の瀬に
カラオケに行く人なんかも多いかも知れないのでちょっと書いてみます。
まあ、あくまで個人的に効果があるように感じてるものって事で。


僕は歌が下手なんですが(学生時代の音楽の成績は2とかのレベル)
たまに上手いとか言われることがあります。
で、なんでだろうと考えてみると以下のことを注意してたり。


1.大きい声で歌う

自信がないと、声が小さくなりがちですが
声が小さいと、下手な印象を与える気がします。
よっぽど上手かったら別ですが。

なんでとりあえず、おっきい声で歌う。
ヘタでも何でもいいから大きい声で歌う。

なんか指摘とかされても気にしない。
ライブVerではこうなんだとか言っておく。


2.自分が歌いやすい歌をチョイスする

僕はどっちかって言うと声が低い方なので、高音がキツいです。
個人的に一曲のうちに、声出すのがきつくなると元に戻せなくなります。
なので歌いたい曲ではなくて、歌える歌を歌う。


3.歌をちゃんと覚える

フワッとしか覚えてない歌(サビしか知らない歌とか)を歌うと
間違えることが多くなるので、グダグタになって下手くその悪循環に陥ります。
曲を完全に覚えて、歌詞も見ないで歌えるくらいになると
そこそこ自信を持って歌えるのでオススメです。


4.ちょっとものまねを入れる

最後はおまけで。
歌がどうこうよりも、似てる似てないに視点?をシフトされて
上手い下手とかっていう次元じゃなくしちゃう。
でちょっと似てたりすると結果、あれなんか上手くね?
みたいな状況に持ってくことが可能なこともあります。


まあ、個人的には歌いたい曲を歌えばいいと思いますが
一応、上手く聞かせる事が出来る方法のひとつって事で。




 - Diary, 音楽

  関連記事

no image
都電荒川線「年忘れビール号」
サッポロクラシック函館開港150周年記念ラベル
no image
iphoneでustreamへの投稿が可能に!
no image
覚悟、個人、実行
twitterが伸びた理由
no image
ドラクエ9と商品サイクル
no image
株式会社ネクストを退社しました。
Rising Sun Rock Festival 2015〜0日目(前日)〜
Funk-a-lismo! SPARKLE Special!!参戦
no image
休息。