narilab

blog @ shunichi narisawa

広告の未来

   

先日読んだ↓の本にインスパイアされて、広告の未来について

漠然と考えていることがあるのでメモ。




次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
クチコミを見る




記事ではデジタルサイネージが第6のメディアとあるけれど

むしろ、既存の広告(4マス含め)がウェブ化するのではないかと思う。



ウェブ化というよりは進化の方が適切かも。



例えば、TVにおいて広告効果が取得できて解析できるようになれば

広告も打ちようがあるのではないかと。

(もちろん、単にCM打つとかではなくて)



そうなれば、自社のサービスを宣伝するにも選択肢が広がり

サービスに適したユーザーに、進化した様々なメディアで

アプローチできるはず。



この辺はちゃんと資料にまとめたい。



第6のメディア「デジタルサイネージ」、2015年には1兆円市場に:MarkeZine(マーケジン)

 - Diary

  関連記事

no image
twitterは公選法違反らしい
no image
Googleキーワードツール
no image
モバイル検索が普及しない理由
no image
仏教
no image
神曲in da house
no image
ごはん、おごります。
物流を制するものはECを制す
2014ブラジルワールドカップ観戦記3〜レシフェからナタール〜
マネークリップが想像以上に使えた
no image
覚悟、個人、実行