narilab

blog @ shunichi narisawa

ヤフー、検索連動型広告の入札方式改訂を開始

   

ヤフー、検索連動型広告の入札方式改訂を開始



 Yahooは4月17日、「Yahoo Search Marketing Blog」で入札方式の改訂を段階的に開始したと発表した。Yahooによると、今回の改訂は、広告と検索対象との適合度を向上させつつ、これまで入札額が高くて参加できなかった一部の広告主にも、入札の門戸を開くことが目的だという。たとえば、本当にそのキーワードに関連した広告を必要としている広告主が、より多くその広告に入札できるようにすることで、そのキーワードをそれほど必要としていない広告主を除外できるようになる、とYahooは説明している。



 もう1つの要素は、広告主の質だ。新システムでは、たとえば、広告がクリックされる率の高い広告主は質が高いと判断され、最低入札価格が低くなる可能性があるという。



 一般に、適合度の低い広告は検索者にクリックする意欲を失わせ、広告への信用度を低下させることから、広告と検索対象との関連性は重要だ。逆に、広告がクリックされたときに表示される「ランディングページ」の関連性が高いなど、高品質の広告は、クリック率も高くなり広告主に対する全体的なイメージもよくなる。






SEMオプティマイゼーションと言ったところでしょうか。

まだまだ万能ではないようで、被害を被っているところも

あるみたいですが、整合性が取れれば無駄がなくなりますね。

 - Diary, マーケティング, sem

  関連記事

サッポロクラシック’08富良野VINTAGE
Rising Sun Rock Festival 2013〜3日目〜
no image
美味しんぼ102巻
no image
何やってんだろ?
Rising Sun Rock Festival 2012〜3日目〜
no image
【セミナー】最愛志向のコミュニケーション戦略
no image
【書評】次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの
no image
iphoneアプリをリリースしました。
no image
仕事のモチベーションは給与じゃない
若山牧水