narilab

blog @ shunichi narisawa

マーケティングとコミュニケーション

   

twitterのエントリが続いたんで、今回もtwitter関連で。


何となく風の噂で聞いてたネイバーの
中の人(金子さん)←名前出すのが大事みたい。
の「人力マーケティング」。


Itmediaに記事があったので読んでみると
twitterでのレスなんかはもちろん
ブログにもコメントをつけて回ってるらしい。
確かブックオフオンラインでもやってたような。
(smashmediaの河野さんだったかも)



プレスリリースの配信など基本業務をこなしながら、「NAVER」「ネイバー」、場合によっては「NEVER」といったキーワードでブログやmixiに書かれたユーザーの意見を収集する。1つ1つコメントをし、合間合間にTwitterをチェック。通勤途中にはiPhoneを使い、深夜に投稿されたつぶやきを見る──といった具合に、1日のうち18時間程度をユーザー意見への対応に使っているという。


この辺の活動をマーケティングと呼ぶのかどうかは
わからないけど、個人的に今非常に興味のある領域。


別に業界問わず、このいわゆる「人力マーケティング」は
人のリソースとその人のセンスさえあれば出来ると思うので
例えば小売とか農業とかの非ネット業界で試してみたいなと。


センスってのは多分


「ネイバージャパンの金子としてお話するので、きちんとするところはきちんとします。でも、堅苦しいと警戒されてしまう。そのコミュニティーの空気から浮かないように心がけています」


この辺の空気を読むセンスと置き換えられると思う。


いずれにしても、今後は顧客やユーザーに対して真摯に
コミュニケーションをとることが重要になってくるなと改めて思った次第。


ただ、ひとりでやるのはもちろん凄いんだけど
何でひとりが良いんだろうか。
属人的になるとリスクが大きい気もした。
(センスある人は中々いないかもだけど)

 - マーケティング

  関連記事

no image
【読書】売れるもマーケ当たるもマーケ
no image
PCでラジオが聴けるradiko.jp
no image
ECから実店舗販売へ
【読書】ドリルを売るには穴を売れ
no image
SEOとGoogleのミッション
no image
個人のiphoneアプリ
売るためにゴールを見せる
no image
ヤフー、検索連動型広告の入札方式改訂を開始
no image
GoogleAnalyticsのコンバージョンの設定をしよう。
no image
良コンテンツは生き続ける