narilab

blog @ shunichi narisawa

ソーシャルグラフと実名と

   

傾向検索|例えばWEBリテラシー

ソーシャルグラフに代表される、実名でのコミュニティも 根付くことになれば、ネット上の参加意義も固定観念も 人も情報もいくばくかでもパラダイムシフトは違いない。

では、ソーシャルグラフが日本で根付くにはどうしたよいか? 前回のエントリでも書いたけど、 日本人ってやはりプライバシーを完全に晒すことは難しいと思う。 たとえそれが、ネット上であっても。 いや、ネット上だからこそ。 SNSで考えてみると、、 ・mixiはサービス開始直後は、実名登録を推奨してた。 ・greeはどちらかと言うと、実名登録を今も推奨。 ・Facebookは実名登録を推奨。 現状、日本で一番成功しているSNSはどこか? もちろんこれだけで話を進めてしまうのは 乱暴だけど、わかりやすくないでしょうか。 つながりはあるけれど、ある程度安心して 利用できる事が、コミュニティには必要なのかも知れません。 つまり、ここでつまりとか言ってしまうのもどうかと 思いますが、ソーシャルグラフが日本で広まるためには ・自分が直接繋がっている人間にだけ、実名を明かす。 ・友達の友達は(mixi的に言うと)ある程度の情報だけはわかる。 ※例えば、友達の友達のステータスを見て興味が沸いた  ↓  友達に言って、紹介をしてもらう。  ↓  友達の友達と友達になり、晴れてお互いに実名公開。 と言う要件があると、広がりやすい気がします。 (もちろん、これだけではありませんが。。) まだまだ、ぼんやりですがいろいろ考えてみます。

 - Diary

  関連記事

高澤結婚式
no image
グーグル「フィード」と「モバイル」もプレースメントターゲットにに対応
衝動買い
若山牧水
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO 8/12
no image
面接
タモリ流しょうが焼きを作った
zoffのページが見にくい
no image
友人検索「あなたの友人かも?」リリース
no image
北へ。