narilab

blog @ shunichi narisawa

アイレップ、SEOの成功法則を語る 「PC&モバイルSEO最新トレンドセミナー」

   

SEOの成功法則を語る 「PC&モバイルSEO最新トレンドセミナー」



アイレップのセミナーに行ってきました。

なので、メモ書き程度に。。






講演内容



PC SEO編:



* 2008年上半期最新検索エンジン事情

* これまでのSEOの概念を変える「Googleユニバーサル検索」とは?

* 順位が上位安定しているサイトの共通要件とは?

* SEO先進国米国に学ぶ 最新ベストプラクティス

* 知らないと損する、間違いだらけのSEO会社選び



モバイルSEO編:



* 2008年4月に起きたGoogleモバイルアルゴリズム大変化とは?

* ドコモとグーグルの提携でモバイル検索は大化けする?

* モバイルSEOを始めるのはまだ早い?

* 業界別モバイルSEO対策成功のポイント

* PC&モバイルサイトを同時にSEO対策する効率的な方法






SEOの技術的な事、満載でお送りされるかと思ってましたが

どちらかと言うと、最近の検索業界事情みたいな事がメインでした。





※PC SEO編※



『SEOだけに留まらず、安定したトラフィックを獲得するには?』



→しっかりとしたポートフォリオを作ることが大事

 (検索、広告、SMOなどのウェブ周りや、その他マス媒体などでの

  認知→流入など、様々な方面から流入数を獲得する)



=リスクヘッジをとる。





これは、投資信託などでも同じような事が言えると思います。





『検索エンジンによって順位が全く違う』

→一喜一憂しない

→異なるのは当たり前。

 なぜなら、各検索エンジンがどのような検索結果を出せば

 ユーザーが満足するのかを考え、アルゴリズムを調整しているから。



例:Yahoo!「キャッシング」で検索

  →企業サイトが多い

  キャッシング



  Google「キャッシング」で検索

  →アフィリエイトサイトが多い

  キャッシング



 これは、Yahoo!がアフィリエイトサイトにペナルティを

 科したのではなく、スコアリングの調整を行った結果。





『Yahoo!検索アルゴリズム』



Ⅰ日本語の解析方法

  ①キーワード認識

  ②コンテンツ解析



Ⅱリンクのスコアリング

  ③リンクのコンテクスト

  ④Hub/Authority

  ⑤関連性

  ⑥Yahoo!カテゴリ



①キーワード認識

キーワードを判別している

例:大阪 サッカー

  サッカー 大阪

  では、検索結果が異なる





②コンテンツ解析

キーワードの前後の言葉を解析している

→脈略のある言葉





③リンクのコンテクスト

アンカーテキストの前後の判断





④Hub/Authority

著名なサイト(Hub)からリンクを張られる事により

オーソリティ度が上下し、ランキングに変動を与える。





⑤関連性

×ケーキのページに海外旅行のトピック

○一人旅のページに海外旅行のトピック





⑥Yahoo!カテゴリ

Yahoo!カテゴリに登録されているサイトからのリンクは

他のリンクよりも評価が高い。





『なぜ、順位が安定しないか』



安定しない原因→リンク元を細分化した際に例えば広告からのリンクが

        他よりも比重が大きいため、変動しやすい。





リンクが貼られるしくみが必要になる。

例:amazonはAPI、アフィリエイトなどでリンクが安定している







2.次世代検索サービス



  ・Yahoo! search monkey

  検索結果をカスタマイズすることができる

  http://www.sem-r.com/15/20080503224616.html



  ・ユニバーサル検索(地域情報+クチコミ、レビュー)

   ※ユニバーサル検索が表示された場合、17%がクリックされる



   アメリカでは、グーグルプロダクトサーチがあるので

   非常に盛り上がっている→日本でも来るはず!





※モバイルSEO編※



 今、モバイルで盛り上がっているのはアフィとゲーム製作会社





1.モバイル検索事情トピックス

  

 docomo,au:google

ソフトバンク:Yahoo!



・ドコモF906i→グーグル一発検索

※帰りに、ビッグカメラでちょっと触ったけどやべー欲しい!



順位を上げるには、現状Yahoo!モバイルビジネスエクスプレス等に

地道にカテゴリ登録していくほかないかも。



・モバイルのグーグルアドセンス始まってるよ。





2.モバイル検索市場の現状



・キャリア毎の対策、公式・勝手の対策が大変。。





※アメリカではリスティング100に対して、SEOに2~3割予算を

 投下するのがよしとされているらしい。。





※消費者金融のSEO対策は参考になるよう。

 その他、音楽関連、人材、通販などもモバイルに予算を投下してる模様。





3.モバイル検索サービスと検索エンジン



シチュエーションモバイルの場合もある

例:モバイルからPCサイトへのアクセスも考えうる。

その他、スマートフォン、フルブラウザにも視野を向けること。





4.ブレンド検索



→ユニバーサル検索

 (マップなど。ちなみにアイレップではマップへの登録もやってくれるみたい。)

→DeNAモバ検索

 (ソーシャルグラフの可能性)

→クラスタリング検索

 (froute,Mooter)





5.アルゴリズムの変化・対応



・小手先のSEO手法(外部リンクを集めて…)

 が通用しなくなってきている

→ユーザーにとって価値がないものを落とすアルゴリズム



・【重要】検索エンジンクローラからのアクセス許可

 (意外にやってないところが多く、忘れがち)



・多くのページが検索エンジンにインデックスされているサイト

 が上位にヒットしている。

例:amazon→静的ページを大量に生成。





モバイルSEOに関しては、まずやれるところを

しっかりとやることが効果につながる。





 - Diary

  関連記事

写真で振り返るチャンピオンズリーグ2012決勝観戦記-2日目-
マカオ旅行記【9/12】
no image
芸能人のブログって…
no image
Googleの新サービス「Google Latitude」公開
日数経過を可視化するiphoneアプリ「moments」
no image
何やってんだろ?
no image
これはやりたい
no image
フローティング広告
no image
Yahoo! JAPAN PR企画 – BR+終了のお知らせ
浪漫飛行