narilab

blog @ shunichi narisawa

【書評】王様の速読術

   

ちょっと前に話題になってたので読んでみた。

基本的に、速読とか本の読み方とかって根本は一緒なんだなぁと。



以前読んだ、速読じゃないけど本を読む本 (講談社学術文庫)
なんかも目次とかマジで大事だからみたいな事も書いてあったし。。






目次

第1章 ワシには30分しかないのじゃ!(王様は忙しい。限られた謁見時間で知識を吸収したい!

なぜ、家来の時間に合わせるのか? ほか)

第2章 30分で1冊を読破―王様の速読術(この本と付き合う時間は30分と決める

30分でどこまでわかるか挑戦してみよう ほか)

第3章 目的別に速読術を使いこなすコツ(速読術を使いこなそう

専門書を短時間で読む ほか)

第4章 錬金術でアウトプットしよう(読んだだけで満足してちゃダメ

頭の中で創造的に活用する ほか)

第5章 大王様への道(TPOに合った速読術を極める

キーワードだけを読む ほか)






  ・王様の速読術

第一段階:プレビューを5分間行う。



→表紙やカバー、目次などから本の概要をつかむ。

→見出しや図表を確認する。

→目次には特に時間をかける。

→著者の気持ちを理解するように努める。





第二段階:5分間で全ページを写真読みしていく。



→見開き2ページを2秒で見ていく。ひたすら見ていく。

(頭に内容が入らなくても、気にしないで進める)

※個人的には、これが一番難しい。。どうしても重要だと

 思う部分はゆっくり読んでしまいがち。。

→どこが大事そうか見等をつける。





第三段階:スキミングで重要な2割を読んで、8割を獲得する、



→重要だと思うキーワード付近を、速度を落とし読む。





速読の流れは以上。

あと、もうひとつ大事なのがアウトプット。



やっぱり、人間学んだものを教えたり、メモったり、(ラジバンダリ)

外に、出していくと記憶の定着が違うみたい。

だから、こうやってブログとかに書いてみてるわけですが。





確かに、これ読んでから先日書いた28歳までに他社からスカウトされる人脈術なんかは実際、30分とはいかなくても40分くらいで読めた。





後は、愚直に積み重ねて繰り返すことが必要かな。





王様の速読術



テクノラティプロフィール

 - Diary

  関連記事

最近の睡眠状況
no image
ルンバのモニターに「落選」した
no image
名刺のデータベース化
no image
祐天寺をチャリで駆け巡ってみた。
サッポロクラシック’08富良野VINTAGE
【書評】アイデア・ブック スウェーデン式
no image
地方に拠点を置く意味
にんにく祭りの結果
no image
豚肉とキャベツのにんにく鍋を作ってみた。
no image
サッカークラブ育成オンラインコミュニティ「MYFC」